BLOGブログ

2020-03-02

鹿

カテゴリー:お仕事

「草木萌動」(そうもく もえ うごく)

徐々にではありますが、暖かい光の下、草木の芽が出てくる頃になりました。

巷では、コロナウィルス感染症が流行し、学校も一斉に休校となる等、深刻な状態となっておりますが、日ごとに春を感じられるようになって参りました。

このところ、2日に1回は、菜花を食しております。ほとんどお浸しで頂いておりますが、全く飽きません。元々青物が好きな事もあり、この時期の楽しみです。

今の時期の弊社の主な作業は、緑地年間維持管理作業の中の施肥作業や、土壌を改良し土を入れ替える等の下仕事的なものが主になっております。樹木を健全に育てるうえで、根を張る土壌が重要になって参りますので、この下仕事は、大切な作業です。

先日、冬前にグランドの芝生に新しい種を播き、生育を見守らせていただいておりました所にお伺い致しました。早朝でしたので、モヤがかかり、ぼんやりとグランドの中央付近に足跡のような物が見えました。そのまま辺りを見回すと、鹿が、芝生の新芽を食べておりました。鹿も私に気付き、足早に山の方へ逃げて行きましたが、とても幻想的な雰囲気で、感動致しました。

気温が上がって参りますと芝生の生育も旺盛になります。良いグランドになるよう、管理に努めていきたいと思います。

春の陽気に誘われて、お出かけしたい気持ちにもなりますが、コロナウィルス感染症に注意してお過ごし下さい。

 

最新の記事

2020年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

月ごとの記事

このページのトップへ