BLOGブログ

2019-07-01

梅雨籠り

カテゴリー:お仕事

7月に入りました。アヤメが花を咲かせる頃が、梅雨到来の目印となっておりましたが、今年は随分と、近畿地方の梅雨入りが遅れました。

梅雨は、予定が狂い、段取り等を変えなければならない悩ましい時期ですが、田植えも終わり、ハモの美味しい時期でもあります。私の好物の和菓子で、葛を使った、くず桜や水牡丹を頂くのが、楽しみの一つです。

子供の頃、山科川の上流で、「ガサガサ」という遊びをよくしておりました。梅雨時期の増水時に、何故か川へ出向きたくなり、親に見つかるとひどく叱られますので、こっそりと、増水した川の様子を見に行っておりました。雨で増水した川は、濁流ですので、「ガサガサ」は出来ませんが、通常の平穏な流れの時に網を入れると、ヤゴや子鮒、オイカワ、小さな鯉等たくさんのものが網に入りました。その当時に比べると、今では、水量も減り、昔よりも生物が減っていると思います。

雨が多い時期ですが、梅雨籠りも悪くありません。少し立ち止まって、スケジュールの立て直しや、調べ物をしたり、外に出られない分、有効に時間を使える時でもありますので、大事に過ごしたいと思います。

 

写真にありますミズヒキは、斑入りのミズヒキになります。弊社の置き場で、種から栽培しているものです。坪庭の根締め類に使ったりするものです。普通の青葉の根締めの中に、一つ二つ斑入りを混ぜると、映えて綺麗に見えます。

 

最新の記事

2019年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月ごとの記事

このページのトップへ